津ぎょうざ歴史

 直径15センチの皮を使った大きな揚げぎょうざ。

1985年ごろの小学校給食が発祥の津市が誇るご当地グルメで、現在も給食メニューの人気NO.1!現在までに約6万人以上の津市民に食べられています。

 

 1985年ごろ、津市教育委員会の栄養士たちによって、子どもたちの栄養・満足感を考えて作られた給食用のメニューで、その日にひとつひとつ手作りで作られるため、給食調理員がぎょうざを包む手間も考慮し、直径15センチ

という特注の大きな皮を使ったことで、このインパクトあるぎょうざが誕生しました。

 

 それから約20年。

2008年10月、市民活動として県下最大級のまつり「津まつり」にて、初めて津ぎょうざが販売され、2日間で400個が完売!見た目のインパクト、名称や味で人気の給食メニューにもかかわらずお店では販売されておらず、小学校を卒業すると食べられないことから、実際に食べていた世代からは「懐かしい!」、給食で食べていない世代からは

「新しい!」と大きな話題となりました。

 

そこで、津ぎょうざを通じて津市をPRするため、市内の飲食店にメニュー化を呼びかけ、約20店舗が賛同、同年11月より市販化がスタートしました。

B-1グランプリ2019明石に参加した市民団体津ぎょうざ小学校の皆さん
津ぎょうざ

 キリンビールマーケティング㈱三重支社様とタイアップにてポスターを作成させて頂きました。

 津市観光協会様の「美味しい物は「津」にあった!ポスターに津ぎょうざが紹介されました。

 津ぎょうざ小学校様の「学習帳」に、津ぎょうざ協会のお店が紹介されました。

イベント情報

 

津ぎょうざ協会は地域イベントなどに積極的に参加させていただいてます(^^♪

 

津ぎょうざ協会各お店の最新情報もfacebookにてご確認できますよ♪

本物の津ぎょうざは
​認定書のあるお店へ

津ぎょうざ協会事務局
〒514-0035
三重県津市西丸之内1-1家城ビル3F 
TEL:059-228-9029(不在の場合は)メールにてご連絡お願いします。
  〈メール・アクセスはこちら

 津駅前ストリート祭りにて「第2回津ぎょうざ早食い大会」が開催されます。

道の駅津かわげにて、「津ぎょうざ祭り」が開催されます♪

 津ぎょうざ協会ほのぼのポスターが完成しました♪

津ぎょうざの定義

 

1. 直径15センチの皮を使うこと

2. 油で揚げること

サンフレッチェ広島のおまつり広場 選手コラボメニューブースにて、故郷・三重県のグルメを紹介したいと言う浅野選手。今回は県庁所在地、津市で給食から生まれた街おこしのソウルフードが「津ぎょうざ」です。(こちらの企画は終了しております)

津ぎょうざ協会

お問合せ・入会案内

 津ぎょうざマップ

津ぎょうざ協会のお店紹介

津ぎょうざ小学校

平成26年9月、「まちおこし・まちづくり」を主体として活動するため、市民活動団体「津ぎょうざ小学校」を創立しました。。

中伊勢温泉郷
アサギマダラの郷 sayuri tsu mie

Copyright (C) 2008-2016 tsugyouzakyoukai Corporation. All Rights Reserved.

  • w-facebook
  • Twitter Clean
12421822_1001893633202091_388552429_n